スク水画像とは - スク水の画像

スク水画像とは

スク水画像がスクール水着の画像だということはネット上の常識です。スク水画像掲示板とか、スク水動画と称する多くのブログやサイトがあって、さかんに「スク水」と連発されています。制服スク水とか、スク水ローション、あるいは白スク水といわれても、縁の無い人にはさっぱりわからない言葉なのでは。しかし一度縁を持てば、誰にだってあるノスタルジックな想い出と共に学校時代のキュンとした気持ちが蘇り、思わず深入りしてしまうのではないでしょうか。スク水画像に対する深入りのありようは、人様々だと思います。年代によってもその興味の角度や執着心に違いがあるかとも思います。しかし、誰にでも(ほとんど男性だと思いますが)深入りの因子は明らかに存在します。故に、スク水画像に触れた時、自分自身が男性であったという、悦びみたいなものが必ずこみ上げて来るのです。小学校時代、どなたにも、多少なりとも好きな女の子がいたのではないでしょうか。学校のプールの授業でその女の子の水着姿を見た時、どんな思いが心を駆け巡りましたか?スク水画像は、その時の思いを鮮明に蘇らせて、自分自身をビックリさせるのではないでしょうか。それは、毎年訪れる夏場の海岸の水着風景を凌駕して、あなたを虜にせずにはおかない・・かもしれません。スク水画像にはそんな、強烈なエネルギーがあるのです。


小学3年の夏、国府津の海岸にはまだ西湘バイパスがひかれておらず、そこはひろびろとした海岸だった。そこで、忘れられない二つの想い出がある。ひとつは、波の荒い日、波打ち際で遊んでいたのに高波にさらわれ溺れかかったことだ。上下左右もわからない状態で水にもまれて錯乱状態になっていた、息の苦しさは感じることはなかった・・いやそれどころではなかった。パニックとはああいったものをいうのだろうと思う。散々もがいているうちに突然に砂の底に足がついたのである。何時の間にか、元の波打ち際にいる自分を自覚して命拾いした。父も母もそばにいたのに気付かれることなく終ったことにもショックであった。人間はけっこう簡単に死ぬものであることがわかった。数十年を経た今、仕事上の問題で死の淵を見て、このことを思い出した。もう一つは同じ海岸での同学年の生徒4名が亡くなったという事件である。当時の新聞にも載ったしテレビでも放映されたと記憶する。父と母と共にくだんの国府津の海岸にまた遊びに行ったとき、面識はないが、同じ学校の生徒とおもわれる子供たちが、砂浜にいっしょうけんめいに大きな穴を掘っていた。家族で家に引き上げる時もまだ掘っていて、2人くらいは穴の中に入っていたのだと思う。そして翌日悲劇の報道に驚いた。四人が全員生き埋めになり、一人だけ助かったという。いわゆる墓穴を掘っていたのだ。縦に穴を掘っただけでなく、さらに底から横方向に掘り進むうちに砂が崩れたのだ。そして一番奥の横穴に入っていた少年がからくも助かったという。
今思えば、こうして生きている自分自身に感謝せずにはいられなくなる想い出である。ブログを書いていてテーマに関して関連は薄いが突然思い出し、書かずにはいられなくなった。

小学3年の夏、国府津の海岸にはまだ西湘バイパスがひかれておらず、そこはひろびろとした海岸やったちうわけや。ほんで、忘れられへん二つの想い出があるちうわけや。ひとつは、波の荒い日、波打ち際で遊んでいたのに高波にさらわれ溺れかかったことや。上下左翼右翼もわかりまへん状態で水にもまれて錯乱状態になっとった、息の苦しさは感じることはなかった・・いやそれどころではなかったちうわけや。パニックとはああいったものをいうのやろうと思うわ。散々もがいとるうちに突然に砂の底に足がついたさかいあるちうわけや。何時の間にか、元の波打ち際にいるオノレを自覚して命拾いしたちうわけや。父も母もそばにいたのに気付かれることなく終ったことにもショックやったちうわけや。人間はけっこう簡単に死ぬものであることがわかったちうわけや。数十年を経た今、仕事上の問題で死の淵を見て、このことを思い出したちうわけや。もう一つは同じ海岸での同学年の生徒4名が亡くなりよったちう事件であるちうわけや。当時の新聞にも載ったことやねんしテレビでも放映されたと記憶するちうわけや。父と母と共にくだんの国府津の海岸にまた遊びに行ったとき、面識はないが、同じ学校の生徒とおもわれるボウズたちが、砂浜にいっしょうけんめいに大きな穴を掘っとったちうわけや。家族で家に引き上げる時もまだ掘っていて、2人くらいは穴の中に入っとったのだと思うわ。ほんで翌日悲劇の報道に驚いたちうわけや。四人が全員生き埋めになり、一人だけ助かったちうわ。なんちうか墓穴を掘っとったのや。縦に穴を掘っただけでなく、さらに底から横方向に掘り進むうちに砂が崩れたのや。ほんで一番奥の横穴に入っとった少年がからくも助かったちうわ。今思えば、こうして生きとるオノレ自身に感謝せんとはいられなくなる想い出であるちうわけや。ブログを書いていてテーマに関して関連は薄いが突然思い出し、書かんとはいられなくなりよったちうわけや。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © スク水の画像 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。